■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2017年07月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■FREE EBOOK■
超初心者のための
RCカー入門ガイド

RCカー(ラジコンカー)入門者向けガイドブック
懸想石
目覚めるとそこは見知らぬ洋館。そしてそこには、入院しているはずの友人が二人…
ザ セカンドドア
不純な動機で訪れた廃墟の洋館。そこは、知られざる世界へ繋がる扉だった…
奇妙なblog
毎日24時間、1時間ごと欠かさずにアップされるblogを発見した主人公は調べはじめる。
つきがちがっては
つかえない

主人公のもとに送り返されてきた一枚の表札。返品の理由とは? 超短編作品。
CSI:MARS
Nippon2007会場で執筆、その場で英訳され日英両言語で発表されたSF超短編。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

はれかぜカレーを作ってみた

 なんだか萌えミリが元気ですねえということで、先日からはじまったアニメ『ハイスクール・フリート』ですが、作中に登場した「はれかぜカレー」をお手軽に再現してみました。
「お手軽に」が大事なので、カレー自体はレトルトです。とはいえやはり「はれかぜ」なので、横須賀海軍カレーの老舗「魚藍亭」ブランドを選びました。
 作中でセリフにあったブルーベリージャム(スプーンに山盛り1杯)と、「甘口なのにこくがある」ということでチョコレートをひとかけら加熱途中で加えてあります。
 本来はおそらくにんじんで作られている猫足の具材は、太さの違うソーセージを並べて再現しています。にんじんは下茹でが必須になって「お手軽」じゃなくなってしまうので。
 船首波を再現するのは本来は生クリームかサワークリームを使うといいのですが、これも「お手軽」にコーヒーフレッシュを使用しました。


 はれかぜカレーであることを示す旗も作りました。
 25×35mmの旗をデザイン、二つ横に並べてタックシールに印刷し、爪楊枝を折り込む形で半分に折っただけのお手軽仕様です。


 艦橋を形作るゆで卵は、レトルトを暖めるのと同じ鍋でゆでました。湯煎時間の関係で卵の方を先に入れておく必要があります。
 猫手の大きな方のソーセージだけは軽くソテーしてあります。小さな方はいわゆる「魚肉ソーセージ」なのでそのまま。
 ゆで卵は殻をむいたら底の部分を少し切って立てやすくして、艦橋を模した切り込みも包丁でつけ、船の形に盛りつけたご飯の上にのせて旗を立てます。
 ご飯の周囲にカレーを注いでから猫手のソーセージを並べて、コーヒーフレッシュを垂らします。このフレッシュを垂らすのが難しくて、なかなか思うようにいきません。
 本当は猫手は三つなのですが、お皿が小さいので三つは並べられませんでした。
 というわけで出来上がったのが下画像。
 カレーは撮影後おいしくいただきました。(いや、最初からブランチ用に作ったモノだから)


| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=496 |
| その他 | 03:06 PM | comments (0) | trackback (x) |
丹波竜の里 上久下に行ってきました。

 突然ですが、兵庫県丹波市かみというところに行ってきました。
 ほぼ全身に近い良好な状態の恐竜化石が発掘され、丹波竜と命名されたそれが最近になって新属新種であることが認定、「タンバティタニス・アミキティアエ」という学名がつけられました。その丹波竜の実物大の像があるというので、映画『ジュラシック・ワールド』を見に行く前に、第1作『ジュラシック・パーク』における名シーンの一つを体感しにいこうと思ったのです。
 現地に入る前にあらかじめ丹波竜の里 かみくげ ホームページで予習していきました。


 丹波竜は龍脚類の植物食いわゆる首長竜に分類される恐竜で、映画『ジュラシック・パーク』の中では主人公のグラント博士がわけもわからないまま南米沿岸の謎の島に連れて来られて最初に目撃して感動する(この時点ではまだその後の危険な展開は起こっておらず、ジュラシックパークを訪れた人が体験するすばらしさを表現するシーンとして描かれています)ところに登場したブラキオサウルスと似た種です。

 というわけで、そのシーンを再現してみました。左右が入れ替わっているのは、ライティングの関係です。見上げてみるとその巨大さには感動します。これが生きて動いているのを見たグラント博士は、さぞや興奮したことでしょう。
 おっと。場所を書き忘れましたね。
 この恐竜像があるのは、舞鶴若狭道丹南篠山口から上久下地区に入るとすぐのところにある「元気村かみくげ」のすぐ横です。丹波竜の里公園という小さな公園に、この丹波竜とヴェロキラプトル、アンキロサウルスと思われる恐竜像があります。
 公園唯一の遊具もジュラシックな感じで、この口の中からアスレチックぽく胴体の中に登っていって、尻尾の滑り台で降りてきます。子供サイズなので私は使えませんでしたが。


 ヴェロキラプトルは公園のベンチの縁に飛び乗ったような姿勢で作られており、座るとこんな写真が撮れます。このヴェロキラプトル、よくできているのはもちろんですが、目が正面向いて作られていて、この位置に座るとばっちり目が合うんですよ。なので、微妙に笑えてないいやげな表情は演技ではなくマジです。この距離で座ると結構気味悪いですよ。

続き▽
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=486 |
| その他 | 12:26 PM | comments (0) | trackback (x) |
Win8.1タブレットを導入
 新しいデジタルデバイスを導入しました。
 右画像の通り、ONKYOのTW08A-55Z8という8インチのWin8.1タブレットです。

 4月から大学の講義でつかうPCがWindows8.1マシンに変更になるので、独特の使い方に慣れておかないといけないということで、導入しました。
 タブレットなのは、「外出時の艦これ用」くらいしか実際の用途が思いつかなかったから。これまでは13inchのMacBookAirを使っていたのですが、さすがに重いし大げさなのでタブレットでできればいいなあと思っていたのです。艦これはAdobeFlash使用のブラウザゲームなのでiPadでは動かないのですよ。(抜け道的な方法はあるけどものすごく遅いので実用には厳しい)

 ONKYOのこの機種を選んだのには、理由が二つ。
・艦これを快適にやるにはメモリ2GBは必須らしい。
・MicroSoft Officeが入っていない(互換ソフト付き)
 前者はともかく、後者はなんというか私はとにかくMicroSoft製のソフトを使っているとイライラするので、互換ソフト添付なのはありがたいということです。しかもそのほうが安い。二重にありがたい。
 で、前述した通り「大学の講義のための慣熟用」という用途があるので、あまり設定はいじらずにできるだけデフォルト状態で使おうと思っています。大学の講義用PCは大学のPCは勝手に自分が使いやすいように設定変更できないので。
 届いてすぐにいろいろいじっていて、まあ、だいたいは使えています。iOSを使い慣れていると細かいところでやっぱりイライラさせられますが。


続き▽
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=472 |
| その他 | 11:30 PM | comments (0) | trackback (x) |
あけましておめでとうございます2015

 
あけましておめでとうございます

 当ブログを見に来ていただいた皆様、旧年中はお世話になりました。
 トップ画像は、今年の年賀状に使用しました。昨年11月に木曾御嶽で開催されたCorsa di Macchina a NAGANO 2014での都築Puntoの姿です。
 同イベントは公式BD・DVDも発売されておりますので、ぜひこちらのPVをご覧ください。


 私個人はと言いますと、執筆中の新作はなんとか今年中にどこかの出版社から発売してもらえるよう努力すること。
 その前に、まずは近日中に『シャーロットはガラスの靴の夢を見るか』改め『アンドロイドはガラスの靴の夢を見るか』のKindle版をリリースできるよう作業しています。まさに今文章のチェックを行っています。キャラ名間違いがいっぱいあって恥ずかしい思いを……(笑)
 なお、画像の表紙デザインは暫定です。ていうかたぶんコロッと違うデザインにします。

 というところで、本年もよろしくお願いします。

| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=470 |
| その他 | 04:09 AM | comments (0) | trackback (x) |
スカパー! 乗り換えのドタバタ
 長年利用してきた標準画質の旧スカパー!から、110°CSのスカパー!(旧スカパー!e2)に乗り換えました。
 ずっと標準画質にこだわってきたのは、HD画質のサービスに移行すると官僚の天下り利権疑惑がささやかれているB-CASカードを利用しなければならなくなるから(私は自分の部屋では地デジも受信していません)ですが、来年5月には標準画質サービスが停波、さらにそういう微妙なタイミングでスカパーチューナーが壊れる(電源部の故障らしく、電源OFF時に点灯するはずの赤LEDすら点かなくなる)という事態に陥り、すっぱり解約して自室ではwebテレビのみに移行するか、HD画質のサービスに契約し直すかを迫られたのでした。
 結果、『ヒストリーチャンネル』『ナショナルジオグラフィック』『アニマルプラネット』といった海外の優良なドキュメンタリー系チャンネルの番組が見られなくなるのは、仕事のネタ拾いの上でもたいへん大きなマイナスになることを鑑みて、スカパー!の視聴を続けることにしたのでした。
 ところが、そのためにえらいドタバタを演じまして……


続き▽
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=437 |
| その他 | 07:02 PM | comments (0) | trackback (x) |
選挙に行きました

 三年に一度の参議院議員選挙です。
 もちろん投票日は7月21日ですが、その日私は広島県で開催される第52回日本SF大会 こいこんに参加していますので、大阪では投票所に行けません。
 そんなわけで、期日前投票に行ってきました。
 トップ画像はその期日前投票所になっている、東大阪市役所のロビーのもの。画像右にいる黄色いゆるキャラの胸に「せんきょ」の文字がありますね(笑)

 私は期日前投票をよく利用します。
 投票所入場整理券を持っていけば手続きは簡単です。住所氏名と選挙当日に投票できない理由を聞かれるので「行楽」とでも答えておけばいいです。
 いつも期日前投票に行くのは、自宅から自転車で5分の公民館なのですが、今回行ってみると、まだやっていませんでした。
 ここではじめて「投票所入場整理券」の裏面を見ると、どうやらここの期日前投票所は14日からしかやっておらず、市役所まで行かなければいけないようです。
 市役所は自宅から約5km。ちょっと遠かったのですが、ポタリングがてら自転車で走ってきました。
 これで、投票日当日は心置きなくSF大会を楽しむことができます。

 投票には行きましょう。数少ない、自分の意見を国政に届けられるチャンスです。
「自分の意見を国政に届けられるチャンスなんて名目だけ」「どうせ私が投票した候補は当選しないから」とか「どうせ誰が当選しても国は変わらないから」とか、とてもよくわかります。わかりますが、棄権や白紙票ではいつまでも何も変わりません。
 投票しなかったり白紙票などの無効票を入れるのは「どこにも投票するところがない」という意思表示にはなりません。組織票が非常に強い特定の政党に有利に働くだけでなく、そうでなくとも「どんな候補が当選しても構いません」という白紙委任状を書いているのと同じことです。
 また、投票率が低いと、政治家は「固定支持層さえ掴んでおけばあとは無視していい」と考えます。有効投票率を上げておくのは「多様性を認めていろんな意見を折衷しないと当選しないよ」という意思表示になるのです。
 ですから、候補者の中でダメな順に消していって、最後に残った一人(一つの党)が、どれだけダメだと思っても、その党に投票するしかありません。
 20年後、30年後、同じ諦観を次の世代に引き継がないために、今、きちんとした有効票を投票しましょう。

| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=425 |
| その他 | 11:04 PM | comments (0) | trackback (x) |
2013静岡ホビーショー(その他編)
 静岡ホビーショーのレポート、こちらはあまり急がないかなと言うことで後回しになってしまいましたが「その他編」です。

 まずはタミヤの楽しい工作シリーズから、新作のホイールウォーカーです。
 見た目から尺取り虫的に動くのかと思いきや、じつはこれ、車輪の軸が偏芯していてタイヤを足のように使って動くという見たこともない機構。これが以外に、悪路走破性に優れているのです。
 その走破性についてはタミヤ公式に動画があるのでこちらでどうぞ。


 次に紹介するのは東京マルイのエアーガン。
 銃本体はすでに発売されているスナイパーライフルVSR-10の太いバレルなど一部の仕様を変更したものですが、これが新しいのは画像の右端に見えるヘッドホンの意味(製品に付属するのはインナーイヤー式のイヤホンだそうです)。
 銃と組み合わせてこういうモノがある場合、普通は「銃声で耳を痛めるのを防ぐための、耳栓代わりのもの」というのが普通ですが、これはエアガンなのでもともとそんなに大きな音はしません。
 なんとこれは「BB弾の発射にあわせて銃声を再生する装置」なのです。
 試射ブースがあったので撃ってみましたが、たしかに引き金を引いた瞬間に「ズキューン!」という銃声が……。
 発想の転換です。今後の発展次第では面白いものに育っていくかも知れませんが、現状ではまだ煮詰め不足だなあという感じがしました。
 まず、振動に反応して銃声を再生しているようで、ボルトを操作して装填しただけで銃声が鳴ってしまうこと。暴発させたかと思ってかなり慌てました。
 次に、銃と銃声のイメージが合ってない感じがしました。スナイパーライフルだったらもうちょっと鋭い感じの銃声が欲しいなあ、と。
 試射ブースの係の人とも話したのですが、本当に「今後の」製品だと思います。
 ここからはプラモデル。▽続きの下になります。

続き▽
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=418 |
| その他 | 12:13 AM | comments (0) | trackback (x) |
iPhone5乗り換え&液晶保護フィルムの貼り方動画
 iPhone3Gの日本発売時からSoftBank利用者だったのですが、このたびiPhone5に乗り換えると同時にキャリアをauに変更いたしました。もちろんMNPですので番号は変わりません。
 で、まあ、iPhone使い始めの儀式とでもいうべき、液晶保護フィルム貼りを行いまして、最近知人からやり方を尋ねられることが複数回ありましたので、解説動画を作りました。

 タミヤクリーナースプレーはイソプロピルアルコールで、電子回路には悪影響ありませんからこんなことができるというわけです。
 この方法でやれば、位置の微調整が可能で気泡を押し出すのも簡単ですので、失敗なくきれいに貼ることができます。
 私はこの方法でiMac24inchまで貼りました。
 なお、動画では液晶保護フィルムはアンチグレアフィルムを使用しています。iPhoneは野外で使うこともあり反射防止フィルムの方が都合がいいためです。iPadは、会議や打ち合わせなどで人に写真やデザイン画面などを見せることが多いので、高光沢防指紋フィルムを使っています。
 最近は安価な液晶保護フィルムも販売されていますが、経験上、透明度や寿命も考えると、それなりの値段の製品をおすすめしたいと思います。


| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=406 |
| その他 | 09:24 PM | comments (0) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑