■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2017年03月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■PROFILE■
都築由浩
SFやらミステリやらホラーやらをライトノベルジャンルで書いている作家。
コミック原作・編集デザインなどその他さまざまな職業を兼業する。
クルマ・R/Cカー・自転車・ホビーロボットなど多趣味で、それらの道具や仕事の資料が散らばる自室が常にゴミ箱のような様相を呈していることから、巻末に『9畳のゴミ箱より』と記する。
■FREE EBOOK■
超初心者のための
RCカー入門ガイド

RCカー(ラジコンカー)入門者向けガイドブック
懸想石
目覚めるとそこは見知らぬ洋館。そしてそこには、入院しているはずの友人が二人…
ザ セカンドドア
不純な動機で訪れた廃墟の洋館。そこは、知られざる世界へ繋がる扉だった…
奇妙なblog
毎日24時間、1時間ごと欠かさずにアップされるblogを発見した主人公は調べはじめる。
つきがちがっては
つかえない

主人公のもとに送り返されてきた一枚の表札。返品の理由とは? 超短編作品。
CSI:MARS
Nippon2007会場で執筆、その場で英訳され日英両言語で発表されたSF超短編。
■RECENT COMMENTS■
■CATEGORIES■
■都築由浩HOMEPAGE■
■ARCHIVES■
■COUNTER■
total:
since 30.April.2008
■利用規約■
本blog内の個別のページにリンクするのは構いませんが、画像やムービーなどに直接リンクをしたり、URLを使用して自身のページに直接貼り付けたりする行為はご遠慮下さい。
本blogに掲載されている写真、文章等の著作権は筆者およびそれぞれの作者・撮影者に帰属します。無断でのコピーや転載等はご遠慮ください。
  
2008(C) Yoshihiro Tsuduki
  All right reserved.
■注意■
SPAMコメント対策のため、ページを開いた後1分間以内にコメント書き込みボタンを押された場合、コメントが反映されないことがあります。オフ書きされる方はご注意ください。
■OTHER■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

【ゆるゆり】高岡のロケ地は、あちこちにある【聖地巡礼】

 ほぼ1年ぶりの高岡市訪問となりました。『ゆるゆり』のTV版第3期『ゆるゆり さん☆ハイ!』の舞台を巡るためです。
 前回高岡に訪れた時はTV版3期の放送途中だったので、その風景が実在の場所かどうかわからず(2期までは少なくとも高岡市の景色ではなかった)映画版の『ゆるゆり なちゅやちゅみ!』の舞台だけを見て回ったのでした。
『ゆるゆり』はTV版2期までは舞台は高岡とされていながら実際の風景は現地のものではありませんでした。実際、2期に登場したメインキャラの最寄り駅は木造の田舎の駅っぽいデザインだったりしました。
 第3期の前の映画版からアニメーション制作がTYOアニメーションズに変わって、実際の高岡市周辺の風景が使われることになったようです。
 というわけで高岡周辺のロケ地ですが、大きく分けて3つのグループに分けられます。

 まずは、前回訪問時には「軽巡洋艦神通の艦内神社・射水神社」として紹介した古城公園です。ここはOPアニメーションと第12話の花見のシーンの舞台になっています。

 このお堀を渡る赤い橋(朝陽橋)を望む石段は、OPに使われています。あかりとちなつのカットですね。同じ朝陽橋は12話にも登場しています。

 古城公園の三の丸、高岡市民体育館のすぐ前にある公園案内所は、OPで向日葵と櫻子のカットの背景になっています。『三の丸茶屋』の看板はたぶん飲み物の自販機とかあって休憩所的にベンチとかも置かれているからでしょうか。また、この案内所の奧がイタリアンのレストランになっています。

 同じく古城公園、本丸広場の脇にある小道・前田利長公の像の裏側にあたる場所が、12話で花見をしていた場所です。ちょうどこの画像を撮影している私の背後に利長公の乗馬姿の像があり、その先が本丸広場と呼ばれる芝生の広場です。
 作中、京子が「私が見つけた穴場」と言っていましたが、なにしろ広場のすぐ脇の、けっこう人通りがあると思しき通路の脇のそれほど広くないスペースなので、たしかにここで花見をしようと考える人は少ないだろうな、と思いました。

 その花見の最中、さる事情で結衣が逃げ込んだあずまやがこちら。トップ画像も同じあずまやです。上の花見場所からはかなり離れています。本丸広場脇を駆け抜けて石段下りて朝陽橋を渡って石段登ってまた下りて……。よっぽどだったんですね(笑)



 古城公園から南西に約1km、ここも前回訪れた高岡駅です。タクシー乗り場の近くのこの場所は、7話であかりとちなつが待ち合わせをした場所です。ここから作中で二人が歩いた場所まではちょっと距離がありますので、私はクルマで移動しました。

 二つめのロケ地のグループは北陸新幹線の新高岡駅周辺です。この辺りは主に7話の舞台になっています。
 7話で京子と綾乃が一緒に映画を見に行ったのがこの新高岡駅のすぐ近くにあるイオンモール高岡です。ちなみに「イオン高岡」と「イオンモール高岡」があるので注意。ロケ地になったのは「イオンモール高岡」の方です。実は間違えて一度「イオン高岡」に行ってしまい、かなり時間をロスしました。(イオンモールの中は撮影禁止なので画像はありません。すみません)

 赤祖父神社は、高岡駅で合流したあかりとちなつが来たところです。拝殿はアルミサッシのガラス戸の中にあってびっくり。帰宅してからよく見ると、作中でもサッシ扉が開いているところが描かれていました。
 その後、食事をしたのが近くのパスタ・エ・パーネ。私も食事したかったのですが、ちょうど満席で時間の余裕もなかったのであきらめました。



 ここは9話で京子と結衣の捏造回想シーンの中に登場した殿ヶ口緑地の池です。上のパスタ・エ・パーネから県道58号線を挟んで反対側、1ブロック奥に入ったところにあります。

 3つめのグループは高岡駅の西、千保川が流れる木津町・博労本町の近辺です。

 7話で映画を観た後、京子と綾乃が別れたのがこの「彩都」看板の前でした。お店の看板かと思っていたのですが、どうも住宅地の名前? みたいな感じでした。

 その彩都看板のすぐ脇を通っている河川敷の遊歩道は、木製の柵のデザインが独特でおしゃれな雰囲気があり、作中で見た時から実際の風景を見てみたいと思っていた場所でした。7話にもチラッと映っていましたが、OPの綾乃と千歳のカットで使われたと言った方が印象深いでしょうか。

 その遊歩道を川上側の北に進んで鉄道橋の下をくぐるとすぐに見えてくる橋(木津橋)が、7話や10話に登場します。どうもごらく部みんなの通学路らしく、朝夕ここで待ち合わせたり別れたりしているようです。
 実は、ここは私がはじめて自力で探しだしたロケ地で、作中で橋のたもとにガソリンスタンドがあるのが見えたのでGoogleMapで該当箇所を探してストリートビューで確認したのでした。そんな個人的な事情で、ここには是非行ってみたかった場所なのです。

 その木津橋のすぐ近くに、9話でまりちゃんがおつかいに行ったお店がありました。めずらしく作中でも同じ「上野商店」として登場しています。この日はシャッターが閉まっていて、買い物することができませんでした。

 他にも作中に登場したファミレスとか商店街とかゲーセンとか、3期のロケ地はたくさんあるようです。さすが『たまゆら』『あまんちゅ』のTYOアニメーションズといったところでしょうか。今回は作中で特に私の印象に残っていた場所に絞って巡ってみました。細かく回ろうと思ったら1日では無理じゃないでしょうか。
 意外なタイミングで作中で見かけた風景が目の前に飛び込んでくるのでびっくりすることが何度かありました。
 作中に何度か登場した公園はどうやら高岡にはないようで残念だったのですが、ロケ地めぐりそのものは楽しく回れました。
| http://ripper.sakura.ne.jp/blog/index.php?e=512 |
| お仕事(小説/SF) | 10:49 PM | comments (0) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑